外国為替経済カレンダー では、常に市況変動に影響を及ぼし得る今後の重要な出来事を知っています。

世界各国の政府をはじめとするセクターは、常に経済成長やデータを測定・報告しており、信頼性の高い経済カレンダーはトレーダーのトップツールの一つです。

EUR/USDのような通貨ペアでは、米国の非農業部門雇用者数のような重要な雇用データが発表された後に生じるボラティリティーは、大きな動きや価格差を生み出す可能性があります。例えば、価格に50ピップのギャップが生じた場合、その50ピップの範囲内には流動性がなく、当分の間、取引を終了したり、新しい取引を開始したりすることができないことを意味します

主要な経済的または地政学的なニュースの発表中に取引を開始することはリスクを伴う可能性があります。 このようなニュースイベントから数秒以内に高いボラティリティが発生する可能性があります。

経済データが発表される前に、アナリストは結果を予測しようとし、コンセンサス推定が形成されます。 データが非常に重要であり、報告された値が推定値と大幅に異なる場合、高いボラティリティが発生する可能性があります。

外国為替経済カレンダー の使い方を学ぶ

各取引週の初めには、経済カレンダーのイベント名の横にあるインパクトのアイコンを使って、今後開催される高・中程度のインパクトのあるイベントを必ずチェックしてください。影響度の高いイベントは赤のアイコンで、影響度の高いイベントはオレンジ色のアイコンで表示されます。

カレンダーの「インパクト」の値は、そのレポートが市場に影響を与える可能性を表しています。経済レポートで発表されたデータが予測や予想と大きく異なる場合、そのインパクトは実現する可能性があります。そうでなければ、データが予想通りであれば、そのレポートはほとんど影響を与えないかもしれません。

トレーダーは通常、今後の経済イベントをカレンダーでチェックする理由は二つあります。1つ目は、潜在的にボラティリティが高い間にオープントレードをしないようにするため。2つ目は、そのボラティリティを利用して、新規または既存の取引のエントリーポイントとエグジットポイントを探すためです。

ほとんどのFX経済カレンダーでは、以下の重要な値が表示されています。

前月の値:前月の結果を表示します。前月が調整されることがあるため、変更される可能性があります。 この動きはボラティリティを引き起こす可能性があります。

予測またはコンセンサス値:経済アナリストのコンセンサスに基づいて予測を表示します。

実際の値:実際のレポート値を表示し、予測と大幅に異なる場合は変動の原因となる可能性があります。

インパクト:レポートの潜在的な影響の大きさは、イベント名の横にある色付きのアイコンで示されます。 赤は影響が大きいことを意味し、オレンジは影響が中程度であることを意味します。

います。